今だから書ける、私の乳癌体験記

乳癌の告知から7年経ちました。術前化学療法を経て手術。半年後に肺転移。肺癌手術。その半年後に又、肺転移、再び抗がん剤治療。その後、3回目の手術。

病院の奥の世界

これは、あくまでも、私が入院した病院での個人的な感想ですが……

 

病院には、外来 という表の顔と、入院病棟という奥の顔があります。

ここは、入院しないと見ることが出来ない未知の世界でした。

其処には、外来では見た事のない若い医師たちと、テキパキとした

看護師さん達が何人も、一日中、入院患者の為に働いています。

 

f:id:yamaboushitan:20151123180836j:plain 

 

手術で入院すると、一人一人に入院中のスケジュールが出来ます。

それに沿って、医師と看護師さんとのチーム医療で、患者さんを

退院に向けてお世話してくれます。

私の担当の医師は二人、呼吸器外科の主治医 O医師と、若いS医師でした。

後でわかったのですが、私の手術はこのO医師の指導の下、

S医師が執刀してくれました。

 

病院の朝は早いです。

S医師は、毎朝7時には病室に様子を診にきてくれました。

「先生は病院に寝泊まりしているんですか?」と、聞いたくらい、

いつでも病院に居るようにみえました。

S医師の後に続いて、O医師の回診がありました。

毎日、朝、外来の始まる前に、先生たちは此処でもう仕事をしている事を、

初めて知りました。

朝早くから、夜遅くまで………人の命を預かる大変な仕事をしている医師達の

病院の奥の世界を見て、感謝と感動で胸が一杯になりました。

 

そして、夕方6時頃には、部長回診というものがありました。

(白い巨塔)を思わせる様な雰囲気で、ピラミッド型の先生達の回診です。

患者も、ベットの上で、声をかけられるのを待ちます。

 

もちろん、看護師さん達は、24時間交代で看護をしてくれました。

皆さん、とても優しくて親身にお世話してくれました。

 

時には、向かい側の部屋の人の苦そうな声で、眠れない日もありました。

夜中に、看護師さんがバタバタと行き来している音が聞こえましたが、

翌朝には部屋は空になっていました。

何があったのでしょうか!?(・_・;?

 

今思うと、癌になったのは不運だったけれど、

それで、知った事も沢山ありますし、怖いものがなくなった気がします。

何でもポジティブに受け止めて

人生楽しんでいこう…と、思います(^∇^)

 

でも、まだ闘いは続くのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肺癌手術後、入院中の経過

f:id:yamaboushitan:20151123180853j:plain

 

肺癌の手術は無事に終わりました。

入院中の症状を、入院時の日記を見ながら、記録していきます。

 

2010年1月30日

術後2日目

痛み有り、痛み止めの座薬で押さえる。

歩行練習開始。

尿管、心電図、点滴、が抜けた。

 

1月31日  術後3日目

レントゲン検査

胸の管、酸素、が抜ける。

半身シャワー、シャンプーができた。

痛みは有り。座薬使用。

 

2月1日  術後4日目

朝、痛くてナースコール。

座薬で押さえる。

咳をすると痛い!

 

2月2日  術後5日目

採血、レントゲン検査

結果、異常なし

背中の痛み止めの管が抜けた。

この日、背中の手術の傷を鏡で初めて見た。

ホチキスで留めてあるようだった。

 

2月3日  術後6日目

全身シャワーが許可された。サッパリ (^∇^)

夜、病院のロビーコンサートに行く。

節分だったので、豆まきもあった。

 

2月4日  術後7日目

採血 レントゲン検査 異常なし。

退院は7日にする事にした。

あと3日!

 

2月5日  術後8日目

呼吸器科の主治医から手術後の説明を聞く。

 

手術………右下葉切除+リンパ節郭清

病名………乳癌の肺転移

大きさ………2X2cm

切除断端には病変なし………完全切除

リンパ節………CTで疑っていた肺内のリンパに1個のみ転移有り

 

レントゲン検査……………残った肺の拡がり良好

痛みは数ヶ月続き、違和感は数年続く事もある。

 

2月6日  術後9日目

朝、急に体調不良………嘔吐

血液検査の結果………GOT/165・GPT/155・LDH/300

ビックリする数値だったらしく、お休み中の先生が飛んで来てくれました。

エコー検査………胆石の影響ではないかと?

絶食の指示

点滴始まる。

安静に!

 

2月7日  術後10日目

予期しない症状で退院は延期。

安静

 

2月8日  術後11日目

血液検査の結果、数値は順調に低下

気分も良くなってきた。

 

2月9日  術後12日目

傷の抜こう  ホチキスの針をパチパチと取るような感じでした。

11日に退院となる。

 

2月10日術後13日目

病院内を少し歩いて部屋に戻ると、気分が悪くなる。

めまい、吐き気、動悸。

 

2月11日  術後14日目

やっと退院 しました。

やはり家が一番!

自分の布団で、ユックリまったり眠れるのは、何よりの幸せです( ´ ▽ ` )ノ

 

予想外の、胆石の発作?で入院が長くなってしまいました。

入院中の、お医者様、看護師さん、家族、友人、兄弟、皆んなに

感謝です?

 

 

 

 

 

 

 

 

肺癌手術 当日

 

f:id:yamaboushitan:20151118062704j:plain

2010年1月28日   手術当日

昨年5月の乳癌手術の時と同じ手術室でした。

2度目なので少し余裕で部屋を見回したりしながら入りました。

まず、麻酔医に促され手術台に横になり、

背中を丸めた状態で背中に針が刺されました。

硬膜外麻酔です。これはかなり痛かったですが、

直ぐに全身麻酔が効いて意識がなくなくなりました。

 

この後の事は想像ですが、

テレビドラマでよく見る手術シーンの様に、

医師3名と麻酔科の医師1名が、チームになって、

執刀医が、メスで背中を切開し、

肋骨を切り離し器具を装着して大きく広げ、

肺の中を調べながら、腫瘍のある下葉を切除。

排液を出す管(ドレーン)を固定して、

肋骨を閉じて筋肉や皮膚を縫合して終了。

 

約4時間の手術でした。

 

その間私は夢の中で、何処か綺麗なお花畑の中でしたが…………

孫達? (はっきりした記憶はありませんが小さな子供達でした)と、

楽しく遊んでいました。そしたら、遠くで、◯◯さん、◯◯さん、…と

何度も私を呼ぶ声が聞こえたので、「まだここで遊んでいたいのに誰?」

…と思いながら、

一生懸命 「はーい!」と返事をしようとするのですが

どうしても声が出ないのです。

 

暫くして、看護師さんが私を麻酔から覚ます時に呼びかけてくれる声だと

ぼんやり分かってきましたが、喉が痛くて声が出なかったのです。

これって、もしかしたら臨死体験でしょうか⁇

何しろ、呼ばれても戻りたくないと思った位、楽しいところでしたよ。^_−☆

 

その夜は集中治療室に1泊しましたが、麻酔が切れてきたからでしょうか、

背中の傷の痛さで眠れませんでした。

それは今まで経験したことのない痛さでした。

まだどこに傷があるのかもはっきり分からないので、背中じゅうが痛くて、

我慢出来なくてナースコールを何回か押してしまいました。

血圧が低下していたので、痛み止めを強くすることが出来なかったらしく

一晩中痛みとの闘いだった様な気がします。

 

術後1日目

痛さに耐えた一晩でした。

朝がきたら、看護師さんに身体を拭いていただき、

手術着からパジャマに着替えました。

起き上がると血圧が下がるので、ベットで病室に帰りました。

しばらくしてから、歩行練習をする様にと促されたのですが…………

少し立ち上がって歩き出したら、血圧が70位になった為、そこで中止。

乳癌手術の時とは、全然違う手術後の症状でした。

その夜は、入眠剤を飲んで朝までぐっすり眠りました。

。。・°°・(>_<)・°°・。

 

 

 

 

開胸肺切除術の説明

f:id:yamaboushitan:20151112140553j:plain

 

2010年1月26日入院、  肺癌手術前の説明

病名および症状

右肺下葉に2cm程のしこりー--気管支鏡で、腺癌(疑い)

経過からは、乳癌肺転移>肺癌 か、鑑別は困難

経過で左肺に微小なシコリ+…も、何か不明 ーー 今回は様子を見る。

その他に肺内に新規病変はないが、リンパ節への転移を疑う。

肺外には画像上病変ない。

画像上胸膜播種はなさそう。ーー術中に確認する。

 

以上から、乳癌肺転移でも、肺癌(臨床病期1又は2期)でも、

手術適応ありと考えられる。

 

手術の方法 、目的、時間など

目的は、外科的に病巣を取り除いて病気を治す事です。

最も安全で確実な方法は、全身麻酔下による開胸肺切除術です。

手術は全身麻酔下に横向きの姿勢で行います。

傷は主に背中から脇にかけて加えます。

 

具体的には、まず、胸腔鏡と開胸による胸腔内審査を行い

胸膜播種や著明なリンパ節転移がないかを審査します。

もし、これらを認める場合、手術適応がないと判断して非切除と

なることもあります。問題ないと判断したら肺切除を行います。

 

切除方法は肺癌の場合、右下葉切除+リンパ節郭清となります。

また、乳癌の肺転移の場合、肺部分切除や区域切除を選択する場合が

多いのですが、今回はリンパ節に転移が見込まれること、肺癌との

鑑別が困難であること、肺活量が問題ないことを考慮すると、乳癌の

転移でも右下葉切除+リンパ節郭清を行う予定です。

 

 

予定時間ーー4時間+α

出血ーー通常100cc以下、無輸血の予定

術後ーー胸の中に管が1〜2本入る。集中治療室に1泊予定

術後の注意点ーーなるべく早くベットから離れて歩く

胸の管ーー3〜4日後に抜ける

退院ーー7日〜12日後の見込み

 

呼吸器科の先生から、この様な丁寧な親身な説明をして頂きました。

その後、手術の危険性や起こりうる合併症などについて説明を受け

何枚もの書類にサインをして、いよいよ手術に臨むことになりました。

 

乳癌の手術とは比べ物にならない位の大手術の様です。

入院前から、腹式呼吸のしかた、痰の出し方の練習や、呼吸訓練器(コーチ2)

の使い方などを練習する様にとの指示もありました。

 

そして、いよいよ手術です。

1月28日 

6時起床  体重、体温、計る

10時   看護師さんと歩いて手術室に入りました。

 

 

 

 

 

退院から、6ヶ月後肺転移まで

 

f:id:yamaboushitan:20151112134242j:plain

退院後の経過

手術の後は順調に回復し、退院して1週間後には、外食したり映画に行ったり

普通に動き回っていました。

ただ、さすがに疲れやすかったですね。

 

また、ひと月後に手術の傷口から出血してちょっとびっくりしました。

一部分だけ傷が開いてしまった様です。

病院に電話して、次の診察日に診てもらうことにしました。

それから半月後位にやっとかさぶた状態になり良くなりました。

 

その後、術後6カ月検診まで、抗がん剤治療で我慢していた分を取り戻す様に、

夫と旅行に行ったり、友人達と食事したりしていました。

そしてクリスマスはスイスの娘の家に行く計画をたてていました。♪( ´▽`)

… その時は、そのまま平穏に暮らせると思っていたのですが……………。

 

2009年11月4日  術後6カ月検診

               胸部レントゲン

               エコー検査

 この後、又、病院通いが始まってしまいました。^_^;

 

11月11日主治医より、検査結果を聞く。

                レントゲンで肺に影?が有るので、CTで再検査します…と説明有り。

 

2009年11月19日  CT検査

 

2009年11月25日 CT検査結果の説明

                  肺に2cm位のシコリ有り。

                  乳癌転移の肺癌か?

          呼吸器科の予約を入れるのでそちらへ行って下さい…………と。

 

         まさに、がーん⁉️ という感じでした。!?(・_・;?

最初に乳癌と言われた時よりショックが大きかったかもしれません。

 

2009年12月4日

呼吸器科受診

改めて先日のCT検査の説明…………右肺に1.5cmのシコリ有り

                                            乳癌転移の可能性 多

                                     全身検査必要…………PET、脳MRI、CT、気管支鏡

 

2009年12月8日………気管支鏡検査 (思ったより痛くて辛い検査でした)

2009年12月18日……  呼吸器科の医師より気管支鏡検査結果の説明有り

                                        肺にガン有り、乳癌転移の可能性が大きい

                                       … 手術を勧められる。

 

2009年12月20日………複雑な気持ちのまま、予定通りスイスへ出発しました。

                                         中止しようかと思ったのですが、

                                         自覚症状は何もないし、手術はまだ先のことなので

                                         医師に尋ねたところ、

                                       「大丈夫ですよ。行ってらっしゃい」

                                         と、許可を頂きました。

                                         (  もしかしたら、これが最後になるかもしれない )

                                         という思いもありました。

 

2010年1月8日 ………帰国。    2週間のスイス滞在でしたが、

                                   孫達と一緒にクリスマスとお正月を過ごしました。

                                   思い出作りの気持ちで、パリに小旅行をしたりして、

                                   癌のことはしばらく忘れて楽しんできました。

 

2010年1月11日  ……帰国後、やはり疲れと、免疫力が低下していたのか、

                                   友人達と外食後、体調不良    ひどい腹痛と嘔吐。    

          

2010年1月13日………PET検査

            1月15日………検査結果     肺の一つ以外には他に転移なし

                                     手術日は28日に決まる。

                                     レントゲン、肺機能検査、心電図

 

             1月19日………MRI、CT検査

 

                                      結果…脳は異常なし、    

                                                 CTで左肺にも気になる影がある

 

2010年1月26日     肺癌手術のため入院

 

つづく

 

                                     

 

 

 

 

乳癌手術

  1. 2009年5月11日

主治医から手術前の説明がありました。

 

病名と現在の症状

  • 臨床診断; 右乳がん    右側、外側上部
  • 病変の大きさ; 4〜4.5cm
  • 組織診断;  浸潤がん、ホルモン受容体(陰性)、ハーツー(陰性)
  • リンパ節への転移は  ?      (腫れたリンパ節はあるが、                                                     細胞診でがんは証明されず)
  • 他臓器へのがんの拡がりはなし
  • 病期診断 ;  2期
  • がんの拡がり(画像診断からの推定)  ;    主病変の周囲に留まる?  
  •      他にも 小さなしこりが多発しているが、これらは良性の可能性も。
  •      ただし、主病巣自体が温存するには大きい。
  • 術前に抗がん剤の治療を行ったが、EC療法は一時効果有り?
  •            その後、再び大きくなってきた。

 

 

 5月6日        入浴後、乳頭から出血した。

 

 5月13日入院    手術前日 

 

 5月14日手術   右全乳房切除術+腋窩鎖骨下郭清(胸筋温存乳房切除術)

                         開始9:41〜終了12:11    

                         手術時間     2時間半

                         リンパ節摘出  22個     (1個に転移有り)

                          輸血なし

5月15日  術後1日目     朝から食事有り                        

                                     傷の消毒、胸帯をはずす。  尿の管を抜く。

                                     午前中に看護師さんと一緒に歩く。

                                     リハビリ

5月16日 術後2日目〜積極的に歩く様に。    リハビリ。 

5月21日 術後7日目    ドレーンが抜ける。  退院。

 

お産以外では、産まれて初めての入院と手術の体験でしたが、

優しい看護師さん達のお陰で、1週間、心地よく過ごせました。

 

でも、手術の後を、自分で初めて見た時には、やはり、ショックでした。

抗がん剤を先にやったので、既に髪はないし、乳房はなくなるし、……

情けなかったですね〜。人には、大丈夫!大丈夫!って言ってたけど(⌒-⌒; )

この時、私、58歳でしたが、自分の身体が変わってしまった事は、

幾つになっても、やっぱり、悲しかったです。

 

でも、すぐに立ち直りましたよ。(^o^)/悪いものは消えたんだから。

 

主治医の手術後の説明で、

「がんは、浸潤がんで、顔つきの悪いガン、でしたが綺麗に取りました。

今後の治療は、ホルモン受容体は陰性なので、ホルモン治療はしません。

ハーツーも陰性です。

今後もし再発したら、対症療法で治療するしかありません」

と、言われましたが、その時は再発するなんて思っていなかったので

それ程深刻に受け止めていませんでした。

もう、治療は何もしなくても良いと言われたので、かえって、ホッとしました。

 

その時は、これがトリプルネガティブだと知りませんでした。

これで、もう解放される!又好きなことができる…………!

と、思っていました。

 

つづく。

 

 

 

    

 

抗がん剤治療開始から急遽中止まで

抗がん剤治療という未知の体験をしながらも、

いつもと同じ様に、いつもと違う年が明けました。

元旦は夫と近くの神社に初詣に行き、神様にお願いしました。

治療が上手くいきますように、腫瘍が小さくなりますように、?と。

こんなに真剣にお詣りしたのは初めてでした。

 

 2009年1月7日

抗がん剤治療 2回目

当日……… ムカムカ 吐き気有り   眠い

2日目………手足がしびれている感じ

9日目……‥‥倦怠感  頭痛

10日目………眠い

16日目………口内炎

ムカムカ感は、つわりのような感じです。薬が効いているので、

吐くことはありませんでした。

治療後1週間位は、特にボーとして眠い日が多かったです。

 

でも、副作用の症状は想像していたよりも軽くて、我慢できる程度でした。

 

気晴らしに友人達とランチにもよく出かけました。

私は、病気の事を兄弟や友人達にも隠さず打ち明けていましたので、

皆が心配して励ましてくれるのが、一番嬉しかったです。

この時期に孤独だとよけい気持ちが落ち込んでしまうと思います。

 

この頃、シコリは、少し小さくなった様な気がしました。

効き目があった様です。

 

 

2009年1月28日

抗がん剤治療 3回目

当日から1週間位………ムカムカ感有り

6日目………………生あくび、眠い

7日目………………ムカムカ、 しびれ

8日目………………下痢

 

2月13日

こんな状態の時でも花粉症が始まりました。

抗がん剤は花粉症には効き目がないようです。^_−☆

 

2009年2月18日

抗がん剤治療4回目

1週間位…………………ムカムカ感有り、眠い

 

2009年3月11日

4回の抗がん剤治療で少しシコリが小さくなったので、

治療を継続する事になりました。

しかし、この日は、白血球の数値が低いため延期になりました。

 

2009年3月18日

抗がん剤治療5回目 (タキソテール療法1回目)

この日から薬の種類が変わりました。

点滴①…………デカドロン…………アレルギー症状を予防                 約30分

                                                           吐き気やむくみを抑える

 

                          カイトリル…………吐き気を抑える

 

点滴②…………タキソテール(ドセタキセル) 60mg/m2                        約1時間

 

当日からの症状…………目が充血 、関節痛、筋肉痛

                                         2〜3日  、  身体中が痛くてよく眠れなかった。

                                         爪が黒くなる、むくみ、血管炎

 

このタキソテール療法は、最初のEC療法より、副作用が強い気がしました。

特に筋肉痛がでて、手足もしびれていました。

 

2009年4月8日

タキソテール療法2回目

症状は前回と同じでしたが、娘の家族がお見舞いに来てくれたので、(スイスから)

孫達と、楽しく過ごしていた間、どんな症状も気になりませんでした。

 

でも、シコリが、熱を持って腫れてきたような気がします。

病院に行った方が良いのか迷いましたが、次の診察日迄待つ事にしました。

私の悪い癖で、自分で、大した事ではないだろうと思い込んでしまうんです。

もっと、大騒ぎすればよかったかもしれません。

"最初にシコリを見つけた時もそうでした"

後で、皆に叱られました^_^;

 

 

2009年5月1日

タキソテール療法3回目の予定でしたが、

「あの〜シコリが大きくなってきた様な気がするんですが………」と 、申告。

急に先生も、慌てて、触診してから、

バタバタとマンモグラフィとエコー検査へ回されました。

診察の結果、腫瘍が急速増大のため、

急遽、抗がん剤中止、手術と成りました。

割り込みで入れてもらって、手術日は14日と決まりました。

 

以上が術前抗がん剤治療開始から手術までの経過です。

 

次は、いよいよ手術 、に続きます