今だから書ける、私の乳癌体験記

乳癌の告知から7年経ちました。術前化学療法を経て手術。半年後に肺転移。肺癌手術。その半年後に又、肺転移、再び抗がん剤治療。その後、3回目の手術。

乳癌手術

  1. 2009年5月11日

主治医から手術前の説明がありました。

 

病名と現在の症状

  • 臨床診断; 右乳がん    右側、外側上部
  • 病変の大きさ; 4〜4.5cm
  • 組織診断;  浸潤がん、ホルモン受容体(陰性)、ハーツー(陰性)
  • リンパ節への転移は  ?      (腫れたリンパ節はあるが、                                                     細胞診でがんは証明されず)
  • 他臓器へのがんの拡がりはなし
  • 病期診断 ;  2期
  • がんの拡がり(画像診断からの推定)  ;    主病変の周囲に留まる?  
  •      他にも 小さなしこりが多発しているが、これらは良性の可能性も。
  •      ただし、主病巣自体が温存するには大きい。
  • 術前に抗がん剤の治療を行ったが、EC療法は一時効果有り?
  •            その後、再び大きくなってきた。

 

 

 5月6日        入浴後、乳頭から出血した。

 

 5月13日入院    手術前日 

 

 5月14日手術   右全乳房切除術+腋窩鎖骨下郭清(胸筋温存乳房切除術)

                         開始9:41〜終了12:11    

                         手術時間     2時間半

                         リンパ節摘出  22個     (1個に転移有り)

                          輸血なし

5月15日  術後1日目     朝から食事有り                        

                                     傷の消毒、胸帯をはずす。  尿の管を抜く。

                                     午前中に看護師さんと一緒に歩く。

                                     リハビリ

5月16日 術後2日目〜積極的に歩く様に。    リハビリ。 

5月21日 術後7日目    ドレーンが抜ける。  退院。

 

お産以外では、産まれて初めての入院と手術の体験でしたが、

優しい看護師さん達のお陰で、1週間、心地よく過ごせました。

 

でも、手術の後を、自分で初めて見た時には、やはり、ショックでした。

抗がん剤を先にやったので、既に髪はないし、乳房はなくなるし、……

情けなかったですね〜。人には、大丈夫!大丈夫!って言ってたけど(⌒-⌒; )

この時、私、58歳でしたが、自分の身体が変わってしまった事は、

幾つになっても、やっぱり、悲しかったです。

 

でも、すぐに立ち直りましたよ。(^o^)/悪いものは消えたんだから。

 

主治医の手術後の説明で、

「がんは、浸潤がんで、顔つきの悪いガン、でしたが綺麗に取りました。

今後の治療は、ホルモン受容体は陰性なので、ホルモン治療はしません。

ハーツーも陰性です。

今後もし再発したら、対症療法で治療するしかありません」

と、言われましたが、その時は再発するなんて思っていなかったので

それ程深刻に受け止めていませんでした。

もう、治療は何もしなくても良いと言われたので、かえって、ホッとしました。

 

その時は、これがトリプルネガティブだと知りませんでした。

これで、もう解放される!又好きなことができる…………!

と、思っていました。

 

つづく。